ハードウェアウォレット

coincheckハッキング事件に巻き込まれたので、今更ですが、レジャーナノS買いました…。

更新日:

リップルにも対応したハードウェアウォレット Ledger Nano S

仮想通貨投資の必須アイテム…
ハードウェアウォレット。

常々、諸先輩方々の忠告を目にしながらも、後回しにしちゃってたのですが、遂に購入しました…

えっ?!
このタイミングで導入した理由…?

そりゃ、ご推察のとおり… 先日 1月26日に発生した「コインチェック 580億円分のXEM流出事件」に巻き込またからに他なりません。そう、僕の大切なリップルや、ハッカーに奪われてしまったNEM、他カワイイ仮想通貨達は、コインチェックのウォレットに置き去りに…。

未だ不安な日々を過ごしています…。

「あの時、やっておけば良かった…」と、悔やんでも、あとの祭り。自分の危機管理も甘く、巻き込まれるべくして、巻き込まれたのだと反省しています。

ただ、たとえ、愛しの Rippleが戻らなくとも、オレは諦めない!こんな道半ばでドロップアウトする訳にはイカンのだ!と、再起をかけて、ハードウェアウォレット Ledger Nano S の購入に至ったんです。

と言う訳で、このページでは、僕の失敗談と、 Ledger Nano S 購入する際に知っておくべきことを、まとめておこうと思います。

《日本語サポート有》Ledger NanoS 日本正規代理店Earth Shipはこちら。

Rippleが戻らなくても… なんて強がっちゃいるけど、Ledger Nano Sを選んだのは、明らかに Rippleが生還するのを期待してんだろうな。痛々しい…。

コインチェックさんも男気溢れる対応方針を発表してくれてるから、何とか戻ってくることを祈るけど。

これから仮想通貨投資に参加される方は、ナベさんと同じ過ちを冒さないように、くれぐれも早い段階でご検討を。

《驚愕事実》Ledger Nano Sは、公式代理店から購入すべき理由とは?

paulracko / Pixabay

今回のコインチェック騒動を受けて、 Ledger Nano S の注文が殺到してるみたい。そりゃ、そうだよね…

正規代理店だと、下手すりゃ1ヵ月待ちとかになっちゃう今、Amazonや、楽天、メルカリ、ヤフオクなんかで買ってしまう人もいるみたいだけど…

早く欲しいからって、焦り過ぎは禁物。
なぜかって言うと、こんなリスクもあるそうでして…

楽天スーパーポイントホルダーのナベさんとして、楽天で売ってるのに、楽天で買わないのは、苦痛でしかないですが、今回ばかりは、資産の安全性を最優先として、正規代理店からの購入を決断。こんな状況に陥った今、それ以外の選択肢はないと考えています。

Ledger Nano S を日本正規代理店から買う理由

  • 日本正規代理店である安心感(メーカーHPで代理店確認済み)
  • 日本正規代理店なら、購入後の、日本語サポートが受けられる
  • メーカーから直購入は、英語力が心配
  • Amazon、楽天などの購入は、購入後の保障が不明瞭
  • Amazon、楽天などの購入は、お店や出品者の素性が不明
  • 変なとこで買った場合、パスワードなどの情報が抜かれてる可能性も…
  • 変なとこで買った場合、ウィルスが仕込まれている可能性も…
ハードウェアウォレットの購入は信頼できるところから買うのが無難。ちょっと安いからって目先のお金に惑わされると痛い目みるぜ。

悪い奴らは、あの手この手で、あんたの大切な資産を狙ってるんだぜ。 こんな感じでな。

coincheck騒動が発生!

みんなが、ハードウェアウォレットを欲しがる

正規代理店品切れ続出

みんな早く欲しいと、焦っちゃう

悪い奴らが、ハードウェアウォレットの重要情報を抜いて販売

購入者がハードウェアウォレットに資産を移管

頃合いを見て、GOX。 怖ぇよな。

《日本語サポート有》Ledger NanoS 日本正規代理店Earth Shipはこちら。

Ledger日本正規代理店 株式会社Earth Shipは大丈夫か?!

https://hardwarewallet-japan.com/

現在、日本の正規代理店として、Ledger社と代理権契約を結んでいるのが、株式会社Earth Shipさん。

ちゃんと Ledger社公式ホームページでも、日本正規代理店として紹介されていたので安心できました。

《日本語サポート有》Ledger NanoS 日本正規代理店Earth Shipはこちら。

Ledger社正規代理店に表記されている株式会社 Earth Ship

ちゃんと、Ledger社公式ホームページの代理店一覧に掲載されてたから、問題ないね。一応、会社所在地なんかもGoogle Mapで抑えたけど大丈夫だな。

Ledger nano Sと、Ledger Blueは、どっちを選べばいいの?

Alexfrlepr / Pixabay

現在 Ledger社が販売しているハードウェアウォレットは、 Ledger Nano S と、 Ledger Blue の2つのみ。

どっちを選べば良いの?
どっちが安全に資産を守れるの?

って話になりますが、安全性の観点では、特に差異は無いんです。

大きな違いは、Bluetooth接続ができるか否かと、タッチスクリーン操作ができるか否か…。

でも、お値段は 3倍以上違うんだぜ。これは、Nano Sで良いだろ。

Ledger nano Sと、Ledger Blueのスペック比較表

Ledger Nano S Ledger Blue
お値段 15,800円 49,800円
管理できる通貨数/1デバイス※1 5~6通貨 8~10通貨
USB接続
Bluetooth接続 ×
ビットコインサポート
アルトコインサポート
タッチスクリーン ×
3rdパーティーアプリ
マルチシグポート
オープンソースファームウェア
Screen 2FA(2段階認証)
FIDO U2F 2段階認証※2
Choromeアプリ
Ledger Wallet Chromeアプリ
Ledger Manager Chromeアプリ
※1 1度に本体に入れられるアプリ(=通貨数)
※2 FIDO® は、2段階認証の国際基準です。

Ledger Blue は、見た目がカッコいいけど、対してデキることが、そんなに変わらないのに 5万円は高いよなぁ…

タッチパネルとか、Bluetooth接続とか、あんまり必要ないでしょ…

どちらかというと、 Ledger Blue を買うより、 Ledger Nano S を スペアも含めて 2本買ったほうが絶対にベター。

Ledger Nano S 2本でも 31,600円で、コスト的にもお得だし、万が一、メインを紛失しちゃった時でも、スペアで直ぐにバックアップを復元できて安心だよね。

ちなみに、650万XRPを保有してる与沢翼さんも、Ledger nano Sを使ってるみたいだぜ。

Ledger Nano Sは、どの暗号通貨に対応してる?

Ledger Nano Sの対応通貨一覧

Ledger Nano Sも、Ledger Blueも基本的に対応している仮想通貨は同じだぜ。こうなると、マジで Nano Sで十分だって思うよな。

Ledger Nano S対応通貨

  • Bitcoin,Bitcoin cash,Bitcoin Gold
  • Ethereum,Ethereum Classic
  • Ripple、Steller
  • Dash
  • Zcash
  • Litecoin
  • Dogecoin
  • Litecoin
  • NEO
  • Ark
  • Vertcoin
  • Ubiq etc...
  • Ethereum ERC20 準拠トークン

対応通貨は、現在 25種類くらいだけど、これからドンドン増えていくみたいだぜ!

ちなみに、Ripple(XRP)に対応したハードウェアウォレットは、現在 Ledger Nano S Ledger Blue のみ。

つまり、リップラーさんにとって、 Ledger Nano S は、マストアイテムってことですね!

《日本語サポート有》Ledger NanoS 日本正規代理店Earth Shipはこちら。

Ledger Nano S購入前に知っておくべきこと&注意点

Alexas_Fotos / Pixabay


ほんとは買う前に調べときゃいんだけど、今回 ナベさん CCの件で狼狽しててさ。

調べもせずに、買いを先行したんだけど… 実際、Ledger Nano S買うなら、以下のポイントは抑えておいた方が良いぜ。

Ledger Nano S購入時知っといた方が良い事。

今回、 Ledger Nano S を購入しましたけど、買った後に思ったのが、もう 1本買っときゃ良かったってこと。

僕は、Rippleだけじゃなく、複数の銘柄に投資してるので、1度に 4~5通貨しか保管できないのは痛い…。
最低でも 10銘柄は保管したい。

しかも、無くしちゃったらアウトかと思ってたけど、実は、 Ledger Nano S を2台持ってれば、ペアリング(同期)しておくことで、万が一、片方を無くしちゃっても、残った1台で、保管してある資産にアクセス可能なんだって…

つまり、2台あると、超安心。

一本購入後に、「もう一本購入したら5%OFFです」ってオファーがあったんだけど、ナベさんは 2本持つメリットを知らなくて、そのままサイト離れちゃったんだ。結局、5%は受けられず、2本とも 正価で購入したみたいだぜ。

情弱は損するとは、ホントだなw

《余談》なんで、最初からLedger Nano Sを買わなかったんだよ⁈

reidy68 / Pixabay

はっ?
なんで、仮想通貨取引所の安全が担保されてないって分かってて、大金をそのままにしておけるのよ。

マジで意味わかんない。脇が甘すぎるわよ…

僕がハードウェアウォレットを買わずにいた理由

まぁ、そういう突っ込みは分かるけど、ナベさんもナベさんなりに考えて、取引所に置くことを選択してたみたいだぜ。
結果論ではあるけど、やっぱりMt.GOXだけじゃなく、コインチェックもやられたとなれば、今後の資産管理はハードウェアウォレット一択で間違いないけど、まぁ、気持ちは汲んでやってほしいよな。

ん? ナベさんと同じ理由で取引所に置きっぱなしってヤツいないよな? たまたまコインチェックが狙われたってだけで、ほかの取引所が安泰って訳じゃないんだぜ。

もう、何を言っても、全部言い訳だけど…

ハードウェアウォレットは、いずれ導入するつもりだったんだ。ただ、ちょっと欲に目が眩んだというか、後回しにしちゃったんだよね…

恥を忍んで買っていなかった理由をお伝えすると、こんな感じ。
こんな結果に至った今では、目先の欲に勝てず、全ての資産を危険に晒していたんだと理解しているけど、その当時は、ほんとに悩んじゃってたんだよ…

ハードウェアウォレットを導入しなかった理由

  • coincheckのコイン貸出で得られる利息に欲が出た
  • ハードウェアウォレットを紛失しちゃうリスクを心配し過ぎた
  • ハードウェアウォレットにXRPを保管するのに、20XRP払うのが嫌
  • ハードウェアウォレットへ移すのが、ちょっと億劫だった
  • セルフGOXのリスクの方が高そうだと判断した
  • 自分のPCのセキュリティー、故障するリスクを心配した
  • 守備にお金をかけるより、攻めにお金をかけることを優先した
まぁ、気持ちは分からんではないけど、結果論で言えば、間違った判断だったよな。

きっと、ナベさんだけじゃなく、同じように考えて取引所に置きっぱなしだった人はいると思うけど。まぁ、慰めにもならんけどな。

諸君、ナベさんが恥を忍んで、吐露したんだ。同じ過ちは踏まないように、大切な資産は、ハードウェアウォレットに移しておくことをお勧めするぜ。

《日本語サポート有》Ledger NanoS 日本正規代理店Earth Shipはこちら。

仮想通貨投資を始めるなら、安全・安心できる取引所を選ばなきゃダメ!

仮想通貨投資を始めるなら、取引所選びは超重要!取引所は、アナタの資産を守ってくれる大切なパートナーなんだから、安全で、安心できる仮想通貨取引所を選ばなきゃ!

ってことで、当サイト読者さんから人気のある 仮想通貨取引所 トップ3を発表しちゃうぞ!

仮想通貨取引所は、取引の有無に関わらず登録無料だから、心配ナッシング。

ちなみに、取引所によって買える通貨も、値段や手数料も変わるから、全部登録しちゃうのがベターだぜ。とにかく、一番安いとこで買うのが成功の秘訣なんだな。

仮想通貨取引所 Zaif

【金融庁の仮想通貨交換業者認可済み】アルトコインの中でも、将来爆上げが期待されるてる NEM(ネム)を買うなら、手数料が安いZaifがお得!ビットコイン、イーサリアムはもちろん、Zaifトークン、COMSA、2チャンネルが産んだ国産仮想通貨 モナコインなど、Zaifでしか手に入らない銘柄も盛り沢山。
ナベさんは、coincheckと、Zaifを同時開設したんだぜ!
NEMをZaifで、Rippleはコインチェックで買うためさ。
手数料をバカにしちゃイカンぞ。セコくなるべし。

海外仮想通貨取引所 Binance

会員数500万人突破!海外仮想通貨取引所バイナンス
coincheckや、zaifなど、日本の仮想通貨取引所の登録が一通り終わったら、是非登録したいのが海外取引所Binance。取扱い仮想通貨は、驚異の 80銘柄以上!!日本最多の取扱数を誇る coincheckでさえ 13種類ですから、世界は広い… 
世界中の投資家が注目するバイナンスは、急速に会員数を伸ばし、今や 500万人を突破! 有名コインも、1円以下で買える 草コインもゴロゴロしてるぜ。
Binanceでは、ビットコインや、イーサリアムでの取引が前提。だから、coincheckや、Zaifから送金しなくちゃいけないんだ。

ん?ハードル高い?
確かにな…。ただ、皆がそう思って動けないからこそ、動けたヤツが先行者利益を手にできるんじゃないかぃ。

仮想通貨販売所 GMOコイン

2017年5月31日に運営が開始された仮想通貨販売所 GMOコイン。金融庁の仮想通貨交換業者認可済+日本のインターネット業界の頂点に君臨する大手 GMOインターネットグループの傘下とあって、安心感はハンパなし。 仮想通貨の現物取引だけじゃなく、レバレッジは5〜25倍、追加証拠金制度の無い仮想通貨FXも強みの一つ。
利用者同士で直接売買するZaifとは違って、売買はGMOコインさんとするので、手数料は少々割高に… でも、安心感を考えると、スタート地点としては妥当な選択じゃないかな。

ナベさん的には、Ripple(リップル)が買えるのがお勧めのポイント! ただ、相場変動の激しい仮想通貨でレバレッジを効かせた取引はハイリスク過ぎて、お勧めできないけど… やるなら、しっかり自分で考えてからにしようぜ。

-ハードウェアウォレット

Copyright© 仮想通貨投資で、目指せ億り人!ナベさんの暗号通貨インベスターズ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.